ガラス修理

なかなかやれない家の掃除を、習慣化できる方法はありませんか?家の掃除を習慣にするにはコツがあります!

    

■1度にいっきにやるより毎日少し!
掃除を毎日するというと大変でうんざりすると思います。でも時間が経過してからために溜め込んだ物の処分やこびりついたりくっついてしまった汚れはかえって落としにくくなるものです。思い立った時に1度に全部の箇所を掃除するのではなく、今日は台所、明日は玄関、といったように1エリアずつ掃除をするというのは飽きないですし、同じ箇所なら効率よく掃除できます。

■余計な物は置かない!
物を置く場所は決めておきましょう。使い終わったら放置せずに、元の場所に戻す習慣を作りましょう。雑貨やインテリアグッズは極力置かないのが実は良いのです。インテリアグッズなどは飾ってある時は良いのかもしれませんが、いざ掃除をしようと思うとすごく弊害となります。

物が雑然とした状態ですと、いちいちそれらをどかして掃除するのは難儀なことです。掃除をするという点では実は物はないほうが楽です。そしてよくやってしまうことですが床に物は置かないようにしましょう。服やバッグが床に置いてあったり、後で戻すつもりでそのへんに置いたりしては、そのままずっと放置になるものです。

■使わないものは潔く捨てる!
買ってから何年も着ていない服、サイズが合わなくて履かない靴などがありませんか。せっかく買ったりもらったりした物を捨てるにはそれなりの勇気と覚悟が必要です。でもそこで潔く捨てることで新しいスペースが生まれるのです。

■掃除道具は1箇所に置く!
物もあまりない状態にできて、いざ掃除しようと思っても掃除道具があちこちにあったり、どこに置いたのか忘れてしまったりではせっかくの掃除をする気持ちが削がれてしまいます。掃除道具はそんなに多くなくていいですから、いつも同じところに置いておきましょう。

■まとめ
掃除をなかなかする時間がない人や苦手な人は、まず掃除しやすい部屋作りから始めましょう。片づけが簡単で、物があまり無ければ掃除も習慣にできます。意識的にするのではなく 掃除したい気持ちになるような環境づくりから始めましょう。